コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮟鱇の吊るし切り アンコウノツルシギリ

デジタル大辞泉の解説

あんこう‐の‐つるしぎり〔アンカウ‐〕【××鱇の×吊るし切り】

鮟鱇のおろし方。下顎(したあご)に(かぎ)を通してつるし、口から水を入れておいて、皮をはぎ、肉をそぎ、はらわたを取り、骨を切る。全体にやわらかく、包丁を入れにくいために行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あんこうのつるしぎり【鮟鱇の吊るし切り】

あんこうをおろす方法。かぎで下あごをひっかけてつるし、口から水を注いで魚体を安定させ、皮をはぎ、身や内臓を切り取る。あんこうは、からだが大きく、また全身がゼラチン質でおおわれていてやわらかく、まな板の上ではさばけないため、つるし切りにする。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

鮟鱇の吊るし切りの関連キーワード吊るし切り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android