コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮟鱇の吊るし切り アンコウノツルシギリ

2件 の用語解説(鮟鱇の吊るし切りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんこう‐の‐つるしぎり〔アンカウ‐〕【××鱇の×吊るし切り】

鮟鱇のおろし方。下顎(したあご)に鉤(かぎ)を通してつるし、口から水を入れておいて、皮をはぎ、肉をそぎ、はらわたを取り、骨を切る。全体にやわらかく、包丁を入れにくいために行う。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あんこうのつるしぎり【鮟鱇の吊るし切り】

あんこうをおろす方法。かぎで下あごをひっかけてつるし、口から水を注いで魚体を安定させ、皮をはぎ、身や内臓を切り取る。あんこうは、からだが大きく、また全身がゼラチン質でおおわれていてやわらかく、まな板の上ではさばけないため、つるし切りにする。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鮟鱇の吊るし切りの関連情報