コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮟鱇 アンコ

デジタル大辞泉の解説

あん‐こ【××鱇】

鮟鱇形(あんこがた)」に同じ。

あん‐こう〔‐カウ〕【××鱇】

アンコウ目アンコウ科の海水魚の総称。キアンコウ(ホンアンコウ)とアンコウ(クツアンコウ)の2種がある。全長約1メートル。大きな口をもち、体は縦扁し、丸く、尾は小さい。骨は軟骨が多く、肉は弾力に富む。上唇の上部にある細長い突起を動かして小魚を誘い寄せて捕食。日本の沿岸の海底にすむ。冬季に鍋料理にする。肝臓は特に美味。 冬》「―の骨まで凍ててぶち切らる/楸邨
1の動きが鈍いところから》愚かな人。
「この祐経、―らしくだしぬかれ」〈浄・加増曽我〉
呼樋(よびどい)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんこ【鮟鱇】

あんこう(鮟鱇)」に同じ。

あんこう【鮟鱇】

アンコウ目アンコウ科の海魚の総称。全長1.5メートルを超えるものがある。体形は楽器の琵琶びわに似て、頭は著しく大きくて平たく、口がきわめて大きい。背部前方にある背びれが変形した釣り竿ざおのようなものを動かし、小魚をおびきよせて食べる。非常に貪食で、大量の餌えさをとる。冬、肉のほか皮や内臓などを鍋料理などにして美味。肉が柔らかく扱いにくいので、つるして調理する。熱帯から温帯にかけての深海に広く分布。日本産の種ではアンコウ(クツアンコウ)・キアンコウが代表的。アンコ。 [季] 冬。 《 -の骨まで凍ててぶち切らる /加藤楸邨 》
〔動作が鈍いところから〕 愚鈍な人。とんまな人。
び樋どい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鮟鱇 (アンコウ)

学名:Lophiomus setigerus
動物。アンコウ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鮟鱇の関連キーワード鮟鱇の吊るし切り鮟鱇の吊し切りクツアンコウ鮟鱇の餌待ちホンアンコウ吊るし切りキアンコウ村野四郎ソップ形立ちん坊薄茶器呼び樋鍋料理鮟鱇形鮟鱇鍋上唇暗向躄魚呼樋餌袋

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮟鱇の関連情報