鰐淵 賢舟(読み)ワニブチ ケンシュウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期のバイオリニスト



生年
明治43(1910)年1月10日

没年
昭和61(1986)年9月9日

出生地
新潟県長岡市

本名
鰐淵 仁四郎(ワニブチ ニシロウ)

学歴〔年〕
プラハ国立音楽院〔昭和13年〕卒

経歴
米国、さらにプラハ音楽院などに15年間留学、オタカル・シェフチクに師事。昭和10年斎藤秀雄指揮の新交響楽団(現・N響)とラロのスペイン交響曲を共演。15年ジョセフ・ローゼンストック指揮の同楽団とブルッフ協奏曲1番を、19年山田一雄指揮の日響とベートーベンの協奏曲を共演した。この間、11年東京で高木東六のピアノにより第1回リサイタルを開催。また弦楽四重奏団を主宰し、演奏活動も行った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android