コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹の烏帽子 カツオノエボシ

2件 の用語解説(鰹の烏帽子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かつお‐の‐えぼし〔かつを‐〕【×鰹の×帽子】

ヒドロ虫綱カツオノエボシ科の腔腸動物。暖流域を浮遊。さまざまな個虫が集まって一つのクラゲをなしている。気胞体は烏帽子形で、長径約10センチ、青藍色。触手は3メートルも伸び、刺胞(しほう)の毒が強い。電気くらげ。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつおのえぼし【鰹の烏帽子】

ヒドロ虫綱のクラゲ。長径7センチメートルほどの烏帽子形の気胞体と、ひも状の栄養体・生殖体・触手などが垂れ下がる群体をつくり、ときに長さ16メートルにも達する。刺胞に刺されると激しく痛むので、電気クラゲとも呼ばれる。しばしばカツオの群れと一緒に見つかるのでこの名がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone