コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏帽子 えぼし

7件 の用語解説(烏帽子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏帽子
えぼし

日本の伝統的な男性用かぶりものの一種。烏色 (くろいろ) のかぶりものの意味で,中国唐代 (7世紀) の烏沙 (うしゃ) 帽に由来。天武 12 (683) 年にかぶりものに関する官制がしかれ,その際に圭冠ができたが,これが変化して烏帽子となり,平安時代以降,身分に関係なく日常的に着用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

え‐ぼうし【×烏帽子】

えぼし(烏帽子)」に同じ。

え‐ぼし【×帽子】

《「えぼうし」の音変化で、烏塗(くろぬり)の帽子の意》
元服した男子のかぶり物の一。古代の圭冠(けいかん)の変化したもの。もと平絹紗(しゃ)などで袋形に作り、薄く漆を引いて張りをもたせたが、平安末より紙を漆で固く塗り固めて作った。貴族は平常用として、庶民は晴れの場合に用いた。階級・年齢などの別によって形と塗りを異にするようになり、立(たて)烏帽子風折(かざおり)烏帽子侍烏帽子引立(ひきたて)烏帽子揉(もみ)烏帽子などの区別が生じた。
紋所の名。1をかたどったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

烏帽子【えぼし】

男性のかぶり物の一種。公家(くげ)・武家の平服用,庶民の外出用などに広く用いられた。もとは黒漆塗の絹紗(けんしゃ)や麻製でしなやかであったが,平安末にはかたく塗りかため,紙で張るようになった。
→関連項目髪結鉢巻

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えぼし【烏帽子】

日本における男子の被り物の一種で,早く奈良時代から着用され,江戸時代に至った。天武天皇のとき漆紗冠(しつしやかん)と圭冠(けいかん)の2種ができたが,この圭冠が後世の烏帽子の祖であると古くからいわれている。中国でも4世紀ころから絹紗(けんしや)を用いてつくった紗帽(さぼう)があり,上下一般に用いられてきたが,こうした慣習が日本に流入したものと考えられる。日本では推古天皇のときに定められた冠制以来,官吏は結髪して冠することになったが,この男子の結髪の風習が一般庶民に普及するに及んで,帽子をかぶる習慣もしだいに広くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えぼし【烏帽子】

〔カラス色(黒色)の帽子の意〕
元服した男子の用いた袋状の冠物。奈良時代の圭冠はしはこうぶりから変化したといわれ、平安時代結髪の習慣の一般化とともに広く庶民の間にも用いられた。公家は平服時に絹や紗で製し黒漆を塗ったものを、庶民は麻布製のやわらかいものを用いた。のち紙製で漆で塗り固めたものとなり、近世まで公家・武士の間で用いられた。立烏帽子・折烏帽子・侍烏帽子・萎なえ烏帽子などがある。えぼうし。
家紋の一。折烏帽子を図案化したもの。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏帽子
えぼし

古代以来の男性の冠物(かぶりもの)の一種。字義は黒塗りの帽子ということ。天武(てんむ)天皇11年(682)に漆紗冠(しっしゃかん)、13年に圭冠(はしばこうぶり)の制定があり、前者が平安時代の冠(かんむり)となり、後者が烏帽子になったといわれている。冠は公服に、烏帽子は私服に用いられた。形は上部が円形で、下辺が方形の袋状である。地質については、貴族は平絹や紗(しゃ)で製し、黒漆を塗ったもの。庶民は麻布製のものであったが、中世末期より、庶民はほとんど烏帽子をかぶらなくなり、貴族は紙製のものを使うようになった。
 鎌倉時代に入り、上級の者は、上部を左側か右側に折り畳んでそれを風折(かざおり)烏帽子とか、平礼(ひれ)烏帽子とよび、以前のものを立(たて)烏帽子とよぶこととなって、正式のものとした。前部の押しへこませたところは、元来好みによって形づけられたが、近世になると形式的に固定化し、左眉(ひだりまゆ)(通常用)、右眉(上皇用)、片眉、諸眉(もろまゆ)(若年用)などの名がつけられ区別された。下辺の額のあたるところを丸く、後頭部を細くして先端をとがらせ風口(かざぐち)とよび、上方前部を「まねぎ」とよんだ。また生地の皺(しわ)を形式化して「さび」とよび、その大小によって大さび、小さび、柳さびといい、老年ほど大きく、また漆塗りのつやのあるのを若年用とした。烏帽子が固形化するとともに、頭から落ちないように掛緒(かけお)とよぶ紐(ひも)をかけた。これは、一般には、こよりを結び切りにして用いるが、勅許を得れば紫の組紐を諸(もろ)わなに結び、余りを長く垂らして用いることができた。
 武士は行動の便宜上、風折よりもさらに折り畳んで形づくったものを侍烏帽子ともよび、好んで用いた。室町時代末になると、結髪の変化に伴い、さらに形式化され、髻(もとどり)を入れる部分が不必要となって、板状の三角形のものを立てるのみとなった。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の烏帽子の言及

【被り物】より

…漆で塗り固めた極端に様式化したものである。直衣(のうし)が着用されるようになると,奈良時代の圭冠から烏帽子(えぼし)が生まれ,公家武家ともに用いた。もとは黒の紗,絹などで髻(もとどり)をそのままにしてかぶれるように,柔らかく袋状に作った日常的な被り物であったのが,平安時代になって黒漆塗りのものとなり,後代にはもっぱら紙で作られるようになった。…

【晴着】より

…つまり現代の脱帽の礼の中に,晴着の着帽の礼が残っているわけである。男子の元服を烏帽子(えぼし)着,〈よぼしぎ〉という風はほとんど全国的であるが,烏帽子は斎(いみ)帽子でこれをつけることは,神事に参与する一人前の資格のできたことを意味していた。ところが今日の帽子は,多くの場合これを取り去るのが礼儀である。…

※「烏帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

烏帽子の関連キーワード高帽子縹帽子毛帽子花の帽子天皇の帽子法王庁の帽子わたしたちの帽子平田暁夫開拓者の帽子モノマフの帽子

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

烏帽子の関連情報