コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹漁 かつおりょう

百科事典マイペディアの解説

鰹漁【かつおりょう】

カツオは重要な漁業対象魚で,日本では先史時代から食用とされており,縄文時代貝塚から骨が発見されている。古代以来,釣漁が主で,黒潮が流れる太平洋沿岸各地が好漁場であったが,伊豆国内浦(うちうら)などでは戦国期から建切(たてきり)網漁なども行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

鰹漁の関連キーワード斎太郎節須崎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰹漁の関連情報