コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹漁 かつおりょう

1件 の用語解説(鰹漁の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鰹漁【かつおりょう】

カツオは重要な漁業対象魚で,日本では先史時代から食用とされており,縄文時代の貝塚から骨が発見されている。古代以来,釣漁が主で,黒潮が流れる太平洋沿岸各地が好漁場であったが,伊豆国内浦(うちうら)などでは戦国期から建切(たてきり)網漁なども行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone