コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥巣式石灰岩 とりのすしきせっかいがん

1件 の用語解説(鳥巣式石灰岩の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鳥巣式石灰岩【とりのすしきせっかいがん】

日本の太平洋側地域のジュラ紀後期〜白亜紀前期の地層に含まれる石灰岩。暗灰色,泥〜砂質,ハンマーで強打すると石油臭を発する。六放サンゴストロマトポラなどの化石を含み,多くはサンゴ礁として形成されたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

鳥巣式石灰岩の関連キーワードジュラ紀鳥盤類表日本魚竜ジュラ系太平洋側気候白亜系イノケラムスこませ醤蝦松本達郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone