コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥巣式石灰岩 とりのすしきせっかいがん

百科事典マイペディアの解説

鳥巣式石灰岩【とりのすしきせっかいがん】

日本の太平洋側地域のジュラ紀後期〜白亜紀前期の地層に含まれる石灰岩。暗灰色,泥〜砂質,ハンマーで強打すると石油臭を発する。六放サンゴ,ストロマトポラなどの化石を含み,多くはサンゴ礁として形成されたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

鳥巣式石灰岩の関連キーワード厚歯二枚貝

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android