コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥巣式石灰岩 とりのすしきせっかいがん

百科事典マイペディアの解説

鳥巣式石灰岩【とりのすしきせっかいがん】

日本の太平洋側地域のジュラ紀後期〜白亜紀前期の地層に含まれる石灰岩。暗灰色,泥〜砂質,ハンマーで強打すると石油臭を発する。六放サンゴ,ストロマトポラなどの化石を含み,多くはサンゴ礁として形成されたもの。高知県佐川町鳥巣で最初に発見。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

鳥巣式石灰岩の関連キーワード厚歯二枚貝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android