コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴沢氷穴 ナルサワヒョウケツ

デジタル大辞泉の解説

なるさわ‐ひょうけつ〔なるさは‐〕【鳴沢氷穴】

山梨県南都留(みなみつる)郡にある溶岩洞天然記念物。富士山の貞観大噴火の際に噴出した溶岩により形成されたといわれる。年間を通じて気温が低く、江戸時代には内部の氷が将軍への献上用に利用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鳴沢氷穴の関連キーワード山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢(村)青木ヶ原鳴沢村

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴沢氷穴の関連情報