コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴沢氷穴 ナルサワヒョウケツ

デジタル大辞泉の解説

なるさわ‐ひょうけつ〔なるさは‐〕【鳴沢氷穴】

山梨県南都留(みなみつる)郡にある溶岩洞。天然記念物富士山の貞観大噴火の際に噴出した溶岩により形成されたといわれる。年間を通じて気温が低く、江戸時代には内部の氷が将軍への献上用に利用された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳴沢氷穴の関連情報