鳴門らっきょ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鳴門らっきょ[葉茎菜類]
なるとらっきょ

四国地方、徳島県の地域ブランド。
徳島県鳴門市で産出されるらっきょう。鳴門市大毛島の砂地で栽培され、ミネラルの豊富な海砂で育てられる。小粒で色白。2008(平成20)年8月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5155666号。地域団体商標の権利者は、徳島北農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android