コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜山仁 うやま ひとし

1件 の用語解説(鵜山仁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜山仁 うやま-ひとし

1953- 昭和後期-平成時代の演出家。
昭和28年3月17日生まれ。文学座演劇研究所をへて昭和57年文学座に入団,アトリエ公演「プラハ1975」を初演出。58年パリに留学し60年帰国。エドワード=ボンド作「リア」の演出で注目される。その後「G・R・ポイント」(文学座),「雪やこんこん」(こまつ座)などを演出。平成12年「おばかさんの夕食会」で毎日芸術賞。16年「兄おとうと」などで読売演劇大賞。19年新国立劇場演劇芸術監督。22年「ヘンリー六世」で芸術選奨文部科学大臣賞,読売演劇大賞最優秀演出家賞。奈良県出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鵜山仁の関連キーワード粟国安彦栗山昌良中村哮夫福田陽一郎藤原新平増見利清宮本亜門渡辺浩子鈴木裕美高瀬久男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鵜山仁の関連情報