コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴巻[温泉] つるまき

1件 の用語解説(鶴巻[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つるまき【鶴巻[温泉]】

神奈川県秦野(はだの)市鶴巻にある。1889年に塩分の強い井戸水を浴用として利用したのが最初といわれ,1927年に小田急電鉄が開通して急速に発展した。新宿駅から約1時間と近距離にあるため,東京方面からの手ごろな宴会場所となっている。丹沢山地の大山の登山口にも近い。17~35℃の純食塩泉で,加熱して給湯されている。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鶴巻[温泉]の関連キーワード神奈川県秦野市秦野盆地神奈川県立保健福祉大学秦野梶山関山草山貞胤中村枝幸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone