コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴谷藤八 つるや とうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴谷藤八 つるや-とうはち

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
京都の人。はじめ義太夫節三味線方であったが,元文-延享(1736-48)のころ京坂で2代都太夫一中(みやこだゆう-いっちゅう)の三味線方をつとめ,「道行涙の朝霜」など作曲もこなした。前名は鶴沢藤八。姓は鶴屋ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴谷藤八

生年:生没年不詳
江戸中期の一中節の三味線方。鶴屋とも。元文・寛保(1736~44)ごろに上方で,初代に比べて劇場出演の多かった2代目都一中(京太夫和泉掾)の三味線を勤めた。もとは義太夫節の三味線方で,鶴沢藤八といったという。

(吉野雪子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鶴谷藤八の関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android