鷦鷯深林に巣くうも一枝に過ぎず(読み)ショウリョウシンリンニスクウモイッシニスギズ

デジタル大辞泉の解説

鷦鷯(しょうりょう)深林に巣くうも一枝(いっし)に過ぎず

《「荘子」逍遥遊から》ミソサザイは林に巣をつくるが、必要なのはただ1本の枝である。人は自分の分に安んじるべきであるというたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうりょうしんりんにすくうもいっしにすぎず【鷦鷯深林に巣くうも一枝に過ぎず】

〔荘子 逍遥遊
ミソサザイは大きな林に巣を作っても、一枝しか必要としない。人は自分の分に応じて現状に満足するのがよい、というたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android