一枝(読み)いっし

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐し【一枝】

〘名〙
① 一本の枝。ひとえだ。
※菅家文草(900頃)一・奉和王大夫賀対策及第之作「莫道成功能管領、一枝蠧桂謝家君」 〔白居易‐長恨歌〕
② 細長いもの一本。
※狂雲集(15C後)尺八「一枝尺八恨難任、吹入胡笳塞上吟
③ 一つの系統。
※寛永刊本江湖集鈔(1633)三「一枝の仏法相伝して」
④ 銭百文のこと。
※蔗軒日録‐文明一六年(1484)一〇月二日「瞽者辞去。付一枝

ひと‐よ【一枝】

〘名〙 (「よ」は「え(枝)」の変化したもの) 一本の枝。一説に、一片の花弁。
※万葉(8C後)八・一四五七「此の花の一与(ひとヨ)のうちは百種の言持ちかねて折らえけらずや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一枝の関連情報