鷲の広場(読み)わしのひろば

世界の観光地名がわかる事典の解説

わしのひろば【鷲の広場】

マレーシアのマレー半島北西部のランカウイ島南東部、同島中心地のクアタウンの桟橋(Kuah Jetty)付近に位置する赤茶色の大きな鷲の像がある広場。◇現地名は「Eagle Square」。鷲はランカウイ島のシンボルで、ランカウイという島名も、マレー語で「赤茶色の鷲」という意味である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android