鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず(読み)オウムヨクイエドモヒチョウヲハナレズ

デジタル大辞泉の解説

鸚鵡(おうむ)よく言えども飛鳥(ひちょう)を離れず

《「礼記」曲礼上から》鸚鵡は人間の言葉をまねてうまく話すが、やはり鳥でしかない。口先ばかり達者で、実際の行動が伴わないことをいうたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうむよくいえどもひちょうをはなれず【鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず】

〔礼記 曲礼上
鸚鵡は人の言葉をまねて達者に話すが、やはり鳥でしかない。言葉だけで実行が伴わないことの意にもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おうむ【鸚鵡】 よく言(い)えども飛鳥(ひちょう)を離(はな)れず

(「礼記‐曲礼上」の「鸚鵡能言、不飛鳥、猩猩能言、不禽獣」による) 鸚鵡は、人間の言葉をまねて話すが、やはり鳥でしかない。転じて、口先ばかり達者で、実際の行動が伴わないことのたとえにいう。〔元和本下学集(1617)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android