鸚鵡(読み)オウム

デジタル大辞泉の解説

おう‐む〔アウ‐〕【××鵡】

インコ目の鳥のうち、インコ類を除いたものの総称。一般に、尾が短く、体はずんぐりし、単色のものが多く、冠羽をもち、くちばし下向きに曲がっている。人によく馴れ、人の言葉を巧みにまねる。オオバタンキバタンオカメインコなど。
歌舞伎で、主要な役が引っ込みのときなどに、派手なしぐさをしたり、利きぜりふを言ったあと、三枚目役が、そのとおりのまねをして観客を笑わせる演出。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうむ【鸚鵡】

オウム目の鳥のうち、一般に大形で、尾の短いものの総称。インコとの区別は明確ではない。羽色は白・黒・赤・黄などで、冠羽がある。くちばしは太く、上くちばしの先が下に曲がっている。暖・熱帯の森林にすむ。よく人に慣れ、物まねのうまいものが多く、飼い鳥とされる。
歌舞伎の演出法。主役が派手なしぐさや台詞せりふで引っ込んだあとで、三枚目役がそっくりそのまねをして笑わせる演出。おうむ返し。
「鸚鵡石せき」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐む アウ‥【鸚鵡】

〘名〙
① インコ科に属する鳥のうち、比較的大形の鳥の総称。体色は白、黒などが主色で、頭上に羽冠があり尾羽が短い点で同じオウム目のインコ科やヒインコ科と異なる。オーストラリア、インドネシアなど熱帯の森林にすむ。多く、人語を真似ることが巧みで、飼い鳥にされる。オオバタン、コバタン、キバタン、ヤシオウムなどの種類がある。日本では、通例、大形の白色種をオウムと呼び、西域の霊鳥とされた。
※書紀(720)大化三年是歳(北野本室町時代訓)「来りて孔雀一隻(ひとつ)鸚鵡(アウム)一隻を献る」 〔阿彌陀経〕
② 歌舞伎で、主役が引込みの場合に、派手な利き科白(ぜりふ)と所作を行なった後から、三枚目役が、その通り真似して観客を笑わせる演出をいう。おうむ返し。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一三(1763)智四「小うたいは一くさりづつおふむにし」
③ 「おうむせき(鸚鵡石)③」の略。
※雑俳・柳多留‐四八(1809)「鶉から呼んであふむを買て居る」
※謡曲・養老(1430頃)「曲水に浮かむ鸚鵡は、石に礙(さは)りて遅くとも、手にまづ取りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鸚鵡の関連情報