コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿の子百合 カノコユリ

デジタル大辞泉の解説

かのこ‐ゆり【鹿の子百合】

ユリ科の多年草。崖地に生え、高さ1~1.5メートル。葉は細長い楕円形。夏、白や桃色の花を下向きにつけ、内面には紅色の斑点がある。観賞用に栽培。たきゆり。おきなゆり。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かのこゆり【鹿の子百合】

ユリ科の多年草。九州・四国の崖に自生し、また栽培される。高さ1メートル 以上になり、茎頂で分枝して数個から十数個の花をやや下向きにつける。花弁は上にそりかえり淡紅色か白色地に鮮紅色の斑点を散在する。イワユリ。タキユリ。タナバタユリ。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鹿の子百合の関連キーワード六代目百合薩摩川内市ユリ科茎頂四国花弁

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿の子百合の関連情報