鹿の角を蜂が刺す(読み)シカノツノヲハチガサス

精選版 日本国語大辞典の解説

しか【鹿】 の 角(つの)を蜂(はち)が刺(さ)

※浄瑠璃・心中恋の中道(1715か)上「申ぶんとてござらぬと木ではなこくるしかのつのはちのさいたるごとく也」

しし【鹿】 の 角(つの)を蜂(はち)が刺(さ)

(かたい鹿の角などを蜂が刺しても、鹿は何とも感じないところから) 全く感じないで平気でいる。いっこうに手ごたえがない。なんの痛痒(つうよう)も感じない。蛙の面(つら)へ水。のれんに腕押し。しかの角を蜂がさす。
※虎明本狂言・梟(室町末‐近世初)「ししのつのをはちがさひたやうにして、やくたいがなひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる