コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しし シシ

デジタル大辞泉の解説

しし

[副]しゃくりあげて泣くさま。しくしく。
「―と泣く」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しし

( 副 )
すすり泣くさま。しくしく。 「 -と泣く/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しし
しし

肉を意味する古語で、「宍」「肉」の字をあて、食肉や人体の肉をさす。また「」の字をあてて、食肉の供給源であったけだものを総称し、なかでもシカとイノシシをさすことが多いが、これは、とくにその肉が好んで食されたことによるものと考えられる。シカは「かのしし」ともいい、イノシシともども「しし」の語と密接な関係があるが、このことは『古語拾遺』(807成立)に、大国主命(おおくにぬしのみこと)が、骨休めとして農民にウシの肉をふるまい、大歳神(おおとしのかみ)の怒りを買う話が伝えられているように、仏教の殺生禁断の教えが日本人の肉食の習慣、とくに家畜の肉を食することを禁じたため、シカやイノシシが重要な食肉の供給源となった結果とみられる。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ししの関連キーワード猪狩り・鹿狩り・猪狩・鹿狩アイレットワーク四大州・四大洲スコポフィリー原田市左衛門死者に鞭打つ御狩り場焼き牡丹に唐獅子肉合い・肉合肉醤・肉醬屍に鞭打つ繍仏・繡仏繍帳・繡帳デネボラ西志賀町師資相承バラーハ胎卵湿化吉田喜重獅子の座

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ししの関連情報