コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島港

1件 の用語解説(鹿児島港の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

鹿児島港

鹿児島県にある港。鹿児島市の北から南、約20kmの範囲に広がり、本港、新港、鴨池港、中央港、谷山一、谷山二、浜平川港の7地区からなる。もっとも歴史の古い本港地区は、12世紀、島津氏による開港とされ、明治期より近代港湾としての開発が進む。1953年4月設立。港湾管理者は、鹿児島県重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、3,638ヘクタール

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島港の関連キーワード鹿児島県鹿児島市鴨池鹿児島県鹿児島市城山鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市中町鹿児島県鹿児島市永吉鹿児島県鹿児島市南栄鹿児島県鹿児島市浜町鹿児島県鹿児島市原良鹿児島県鹿児島市山下町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島港の関連情報