コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島憲幹 かしま のりもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島憲幹 かしま-のりもと

?-? 室町時代の武将。
常陸(ひたち)(茨城県)鹿島神宮大行事。応永14年(1407)鹿島社領を侵犯し神主中臣氏より鎌倉府にうったえられ,所領を没収されたが,のちゆるされる。24年上杉禅秀の乱にくわわった同族の持寺らを討ち,また上総本一揆(かずさのほんいっき)をおこした禅秀残党の平定につとめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android