平定(読み)ヘイテイ

デジタル大辞泉 「平定」の意味・読み・例文・類語

へい‐てい【平定】

[名](スル)敵や賊を討ち平らげること。「反乱平定する」「天下平定する」
[類語]鎮定鎮圧制圧鎮める平らげる鎮撫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「平定」の意味・読み・例文・類語

へい‐じょう‥ヂャウ【平定】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「じょう」は「定」の呉音 ) =へいてい(平定)〔布令字弁(1868‐72)〕
    1. [初出の実例]「該地の暴挙は平定(ヘイジャウ)せり」(出典:近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八)

へい‐てい【平定】

  1. 〘 名詞 〙 世の中が平和になること。天下をたいらげること。へいじょう。
    1. [初出の実例]「平定 ヘイテイ シヅマルコト」(出典:日誌字解(1869)〈岩崎茂実〉)
    2. [その他の文献]〔史記‐殷本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「平定」の意味・わかりやすい解説

平定【へいてい】

中国,山西省中東部,太行山脈中の県。石太鉄路(石家荘〜太原)に近く石炭,鉄を産し,北に接する陽泉に運ばれて製鋼に利用される。〈定窯〉を模した陶磁器産地としても有名。32万人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

普及版 字通 「平定」の読み・字形・画数・意味

【平定】へいてい

平らげる。

字通「平」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android