コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉府 かまくらふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉府
かまくらふ

室町幕府が関東統治のため鎌倉に置いた政庁。関東府ともいう。首長を鎌倉公方関東公方鎌倉御所などと呼ぶ。足利尊氏が弟の足利直義,子の足利義詮を派遣したのに始まり,正平4=貞和5 (1349) 年,ニ男足利基氏のとき基礎が確立し,康正1 (1455) 年,足利成氏が古河 (こが) に移るまで続き,関東一円,甲斐,伊豆,一時は陸奥,出羽までを管轄した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かまくら‐ふ【鎌倉府】

室町幕府が東国統治のために鎌倉に置いた機関。その組織は幕府に準じ、長官を公方(くぼう)または御所と呼んだ。正平4年=貞和5年(1349)足利尊氏の二男の基氏を公方に任じ、その後その子孫が継承した。→鎌倉公方

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎌倉府【かまくらふ】

室町幕府が関東10ヵ国支配のために鎌倉に設けた政庁。鎌倉公方(くぼう)足利氏を頂点に,関東管領(かんれい),守護,奉公衆,奉行衆からなる。鎌倉公方は任国内の武士に対する軍事統率権や土地安堵権,諸寺社の住持職の補任権や吹挙権などを保持した。
→関連項目飯島関稲村御所上杉憲顕高師冬早川荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまくらふ【鎌倉府】

室町幕府によって〈関東十ヶ国〉(いわゆる関八州と伊豆,甲斐を加えた10ヵ国)支配のために鎌倉公方(くぼう)足利氏を頂点として組織された政庁。関東府ともいう。その政治組織は,〈天子ノ御代官〉たる鎌倉公方足利氏のもとに関東管領,守護,奉公衆,奉行衆から成り立っていた。鎌倉公方は,任国内の武士に対する軍事統率権や土地安堵権など,そして諸寺社の住持職の補任権や吹挙権などを保持したが,関東管領と任国内の守護任免権は室町将軍の保持するところであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かまくらふ【鎌倉府】

室町幕府が関東支配のため鎌倉に置いた地方機関。関東府。 → 鎌倉公方くぼう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉府
かまくらふ

室町幕府が鎌倉に設置した地方行政機関名。関東府ともいう。鎌倉公方(くぼう)とその補佐役関東管領(かんれい)を中心に、関東の政務をとった。足利尊氏(あしかがたかうじ)は鎌倉の重要性を認識し、嫡子義詮(よしあきら)を鎌倉に置き東国を統治させた。1349年(正平4・貞和5)義詮にかわり弟の基氏(もとうじ)がいわゆる鎌倉公方に就任し、以後その子孫(氏満(うじみつ)、満兼(みつかね)、持氏(もちうじ))がこの職を世襲し、鎌倉府を運営した。持氏のとき将軍継嗣(けいし)問題が原因で幕府への不満を公然と現したことから、幕府派の管領上杉氏と対立し、結局幕府の追討を受け持氏は敗死した(永享(えいきょう)の乱)。公方が未補任(ぶにん)のため鎌倉府は管領上杉氏により運営されていたが、鎌倉府家臣らの要請で持氏の子成氏(しげうじ)が公方に就任し、もとの鎌倉府体制に戻った。しかし成氏と上杉氏との関係はよくならず、成氏による上杉憲忠(のりただ)殺害事件が起こり、結局上杉氏により成氏は下総古河(しもうさこが)(茨城県古河市)に追われ、管領上杉氏を中心とする変則的な政治体制となった。しかしこの状態も長くは続かず、管領上杉氏も内部分裂をし、事実上鎌倉府は崩壊した。鎌倉府は鎌倉公方、関東管領を中心に、各国ごとに置かれていた守護を通して統治を行った。鎌倉府の統轄していた国は、義詮・基氏時代は11か国(伊豆、甲斐(かい)、信濃(しなの)、相模(さがみ)、武蔵(むさし)、上野(こうずけ)、下野(しもつけ)、上総(かずさ)、下総、安房(あわ)、常陸(ひたち))であったが、氏満時代になると信濃が幕府の支配下に入り、かわって陸奥(むつ)、出羽両国が鎌倉府の管轄になるなど、ときの政治状況に応じて変化している。鎌倉府成立当初は、混乱した政治状況により軍事権のみを行使する軍事機関であったが、観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)を境に幕府に準じた組織をもつ地方行政機関に変化した。それに伴い鎌倉府が行使しうる権限も、警察権や土地支配権など広範囲に及んだ。しかし関東への国家公権に関することや、支配領国の変更、有力寺社代表者の補任権、所領の安堵(あんど)権などは、幕府が最終的に保有していたため、鎌倉府と幕府との争いが絶えず、さらに鎌倉府内部においても、鎌倉公方と関東管領上杉氏とが政治の主導権争いを繰り返すなど、結局これらが原因で鎌倉府は崩壊している。[小要 博]
『渡辺世祐著『関東中心足利時代之研究』(1971・新人物往来社) ▽『神奈川県史 通史編1 原始・古代・中世』(1981・財団法人神奈川県弘済会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鎌倉府の言及

【鎌倉公方】より

…室町幕府による東国支配のために鎌倉に置かれた政庁である鎌倉府の長官。関東公方(くぼう)ともいう。…

【関東管領】より

…その山内家の憲実のとき全盛期を迎え,鎌倉公方足利持氏とことあるごとに対立し,結局それを滅亡においやった。関東管領は,鎌倉府内にあって鎌倉公方の〈御代官〉でありながらもその任免権は室町将軍が持つというきわめて特異な存在であった。また関東管領は,武蔵守護を兼帯し,その他上杉氏として上野・伊豆の守護職を独占し,任国の国人や一揆を組織して守護領国的支配を行って,鎌倉府内での実力を強めたのであった。…

【東国】より

…この現象は東国の中の東北,西国の中の九州が,それぞれ独自な歴史と特徴をもち,自立した政治勢力を生み出しうるだけの地域であったことを前提にしなくては理解し難い。
[鎌倉府の権限]
 建武の内乱のさい,足利直義は成良を京に送還したのちも三河にとどまり,東国自立の方向を目ざしたとみられており,室町幕府成立当初《建武式目》制定のさいも,幕府を鎌倉に置くか京都とするかをめぐって対立があったと推定されている。この対立は観応の擾乱(かんのうのじようらん)のさいの直義派と高師直(こうのもろなお)派との対立として表面化し,幕府が安定したのちも鎌倉公方(鎌倉府)と室町公方(室町幕府)との対立として長くあとをひいた。…

※「鎌倉府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎌倉府の関連情報