コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿政談

1件 の用語解説(鹿政談の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

鹿政談

古典落語の演目のひとつ。大阪のはなし。東京でも演じられる。「春日の鹿」「鹿ころし」とも。四代目三遊亭圓馬が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、奉行、豆腐や。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿政談の関連キーワード花の都ざるや酢瓶宗漢たばこの火二人旅猫忠猫の災難はなむけ不孝者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿政談の関連情報