コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻の葉楓 アサノハカエデ

デジタル大辞泉の解説

あさのは‐かえで〔‐かへで〕【麻の葉×楓】

カエデ科の落葉高木。関東以西の深山に生える。葉は五つに裂けていての葉に似る。雌雄異株。春に淡黄色の小花総状につく。実には2枚の翼片がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさのはかえで【麻の葉楓】

カエデ科の落葉高木。福島県以西の山地に自生。高さ10メートルに達する。葉は五~七の切れ込みがあり、麻の葉に似る。春、淡黄色の小花を総状に開く。ミヤマモミジ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

麻の葉楓の関連キーワードカエデ科麻の葉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android