コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサ

デジタル大辞泉の解説

あさ【麻】

クワ科の一年草。高さ1~2.5メートル。茎はまっすぐに伸び、葉は手のひら状の複葉で対生。雌雄異株。夏、黄緑色の小花を穂状につけ、秋に実が熟す。中央アジアの原産で、熱帯から温帯にかけて栽培され、茎の皮から繊維をとり、麻糸にする。種子からは油をとる。大麻(たいま)。大麻草(たいまそう)。あおそ。 夏》「ゆり出だす緑の波や―の風/惟然
茎の靭皮(じんぴ)から繊維をとる麻・亜麻苧麻(ちょま)黄麻(こうま)や、葉から繊維をとるマニラ麻サイザル麻などの総称。また、それらから製した繊維や織物。

お〔を〕【麻/×苧】

《「」と同語源か》
の古名。〈和名抄
麻または苧(からむし)の繊維から作った糸。
「―を縒(よ)りて」〈土佐

そ【麻】

あさ。多く、他の語と複合して用いる。「山」「菅(すが)
「娘子らが続麻(うみを)のたたり打ち―掛けうむ時なしに恋ひ渡るかも」〈・二九九〇〉

ま【麻】[漢字項目]

常用漢字] [音](慣) [訓]あさ お
〈マ〉
草の名。アサ。「麻紙麻布大麻白麻・快刀乱麻」
アサに似た草の名を表す語。「亜麻黄麻(おうま)胡麻(ごま)蕁麻(じんま)苧麻(ちょま)蓖麻(ひま)
しびれる。「麻酔麻痺(まひ)麻薬鈍麻
[補説]3は「痲(ま)」と通用する。
〈あさ〉「麻糸麻縄麻布・麻袋」
[名のり]ぬさ
[難読]𦯶麻(いちび)蕁麻(いらくさ)麻幹(おがら)苧麻(からむし)綱麻(つなそ)麻疹(はしか)麻雀(マージャン)麻婆豆腐(マーボどうふ)真麻(まお)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あさ【麻】

クワ科の一年草。中央アジア原産。渡来は古く、古代から重要な繊維植物として栽培されてきた。茎は直立し、1~3メートルになる。葉は三~九枚の小葉からなる掌状複葉で、各小葉は披針形で縁に鋸歯きよしがある。雌雄異株。初夏、淡緑黄色の雄穂、緑色の雌穂をつける。雌株からは麻薬がとれる。茎の靭皮じんぴを繊維として利用する。皮をはいだ残りは「おがら」と呼ばれる。種子(麻の実)からは油をとり、また鳥の飼料などにする。大麻たいま[季] 夏。
に似た長い繊維を持つ植物。アマ(亜麻)・チョマ(苧麻)・コウマ(黄麻・ジュート)・マニラ麻・サイザル麻など。
大麻・苧麻・亜麻・ジュートなどからとる繊維。またその繊維で製した糸・布など。大麻・苧麻など靭皮繊維からとるものとマニラ麻・サイザル麻など葉脈繊維からとるものがある。強靭で用途は広く、衣料・綱・網・梱こうり包布などとする。
[句項目]

そ【麻】

あさ。複合語として用いることが多い。 「真-木綿ゆう」 「真-むら」 「打ち-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

麻 (アサ・マ)

学名:Cannabis sativa
植物。クワ科一年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

麻の関連キーワードクリスタロフィリアン岩プティグマティック褶曲福岡県嘉麻市嘉穂才田メタピリジアン片麻岩福岡県嘉麻市上山田福岡県嘉麻市上西郷福岡県嘉麻市熊ヶ畑福岡県嘉麻市東畑福岡県嘉麻市口春福岡県嘉麻市大力福岡県嘉麻市平山福岡県嘉麻市芥田福岡県嘉麻市宮吉福岡県嘉麻市西郷福岡県嘉麻市鴨生止利乃阿之久佐度利乃阿志久佐福岡県嘉麻市上福岡県嘉麻市平橘奈良麻呂の変

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麻の関連情報