麻酔前投薬(読み)ますいぜんとうやく(英語表記)preanesthetic medication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻酔前投薬
ますいぜんとうやく
preanesthetic medication

手術を受ける患者の不安を取除き,唾液などの気道分泌物の増加を防ぎ,麻酔導入を容易にするために行う投薬である。手術の前夜に催眠剤のペントバルビタールカルシウム (ラボナ) を与える。当日には,鎮静鎮痛剤としてバルビタール,メペリジン (オピスタン) を与え,気道分泌物抑制のためにはアトロピンを用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android