コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄池の会 こうちのかいHuang-chi-hui; Huang-ch`ih-hui

1件 の用語解説(黄池の会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄池の会
こうちのかい
Huang-chi-hui; Huang-ch`ih-hui

中国,春秋時代の後期,呉王の夫差が主催した会盟。覇者になろうとした夫差が前 482年,晋の定公,魯の哀公らと河南省の黄池 (封邱) に会合した。そのすきに越の勾践に本国を侵入され,太子友が捕えられた。このため会合では晋と指導者争いをして勝ったが,覇者にはなれなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone