コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覇者 はしゃba-zhe; pa-chê

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覇者
はしゃ
ba-zhe; pa-chê

中国,春秋時代に活躍した諸侯たちの指導者。本来は伯者 (はくしゃ) と書かれた。春秋時代に入って周の王の権威が低下し,諸侯を統合する力がなくなったので,代って諸侯を集めて盟約を結び指導者となったものをいうが,やがて武力によって諸侯を支配する者をさすようになった。斉の桓公文公,秦の穆公,宋の襄公荘王らを春秋五覇といい,特に有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

は‐しゃ【覇者】

徳によらず、覇道によって天下を治める者。特に中国の春秋時代王室を守って夷狄(いてき)を退け(尊王攘夷)、諸国の同盟の中心となった者。桓公文公など。→覇道
競技などで優勝した者。「マラソン大会の覇者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

覇者【はしゃ】

中国,春秋時代(春秋戦国時代)の諸侯を統率したもの。周の王室の実権が衰弱して異民族の侵入が激しくなったので,周王を推戴して諸侯を率い,異民族の侵入を撃退しようとした諸侯の有力者。
→関連項目管仲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はしゃ【覇者】

競技で優勝した者。
中国、春秋時代の諸侯の盟主。周王室の権威が衰え諸侯の争いが続くと、諸侯を統率し戦乱をしずめようとした。のち、儒家により覇道をもって天下を治める者とされた。 ↔ 王者五覇

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

覇者
はしゃ

中国、春秋時代の中・後期に、諸国の同盟の中心となり、諸国を従えて、周王からその地位を認められた諸侯をいう。斉(せい)の桓公(かんこう)が紀元前651年、葵丘(ききゅう)(現河南省商丘市の西)での諸侯との会盟(かいめい)でその地位を得たのに始まる。指定された期日と場所に参集した諸侯(代理人もあり)のうちで、牛耳(ぎゅうじ)をとるよう決められた者が盟長=覇者となり、いけにえの血を盟長から順次すすり、盟誓の約文をつくる。桓公ののちも晋(しん)の文公、楚(そ)の荘(そう)王、呉(ご)王の闔閭(こうりょ)、越(えつ)王の勾践(こうせん)が覇者となり、これらを春秋五覇という(呉、越のかわりに秦(しん)の穆公(ぼくこう)、宋(そう)の襄公(じょうこう)を入れる説、楚のかわりに呉王の夫差(ふさ)を入れる説もある)。[太田幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の覇者の言及

【春秋戦国時代】より

…諸侯の再興や会盟は本来は周王の任務であり権利であったが,この時期の周王にはその力がなく,有力な諸侯が王にかわって行った。この有力諸侯を覇者とよぶ。桓公は第一の覇者であり,以後歴史は覇者を中心として動く。…

※「覇者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

覇者の関連キーワードサガ3時空の覇者 Shadow or Light時空の覇者 Sa・Ga3 [完結編]イブン・ラシード家ブンデスリーガビクトリア時代オスマン帝国ポリビオス王道・覇道佐々木啓夫覇を称える践土の会葵邱の会安東水軍春日山城春秋五覇黄池の会孫武句践子産闔閭

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覇者の関連情報