黄石公(読み)コウセキコウ

大辞林 第三版の解説

こうせきこう【黄石公】

中国、秦末の隠士。張良はこの老人から授けられた兵書を読み、漢の高祖の天下平定を助けたという。圯上老人いじようろうじん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐せきこう クヮウ‥【黄石公】

中国、秦末の隠士。張良に兵書を授けたという老人。張良はこの書によって兵法を会得し、漢の高祖の天下平定を助けた。圯上(いじょう)老人とも称される。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黄石公の言及

【六韜・三略】より

…内容が豊富で実践上の細かい技術も含まれている。《三略》は漢の功臣張良が黄石公から授かったといい,《黄石公三略》ともいうが,これも仮託で,後漢末のものであるらしい。【金谷 治】。…

※「黄石公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android