コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄石公 コウセキコウ

デジタル大辞泉の解説

こうせき‐こう〔クワウセキ‐〕【黄石公】

中国、秦末の隠者。前漢の張良兵書を授けたという老人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせきこう【黄石公】

中国、秦末の隠士。張良はこの老人から授けられた兵書を読み、漢の高祖の天下平定を助けたという。圯上老人いじようろうじん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黄石公の言及

【六韜・三略】より

…内容が豊富で実践上の細かい技術も含まれている。《三略》は漢の功臣張良が黄石公から授かったといい,《黄石公三略》ともいうが,これも仮託で,後漢末のものであるらしい。【金谷 治】。…

※「黄石公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄石公の関連キーワード豎子教うべし六韜・三略六韜・三略張良(能)武経七書六韜三略王昭君三略高祖隠士

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android