黄竜宗(読み)オウリュウシュウ

大辞林 第三版の解説

おうりゅうしゅう【黄竜宗】

臨済宗の一派。禅宗五家七宗の一。黄竜山に住した慧南えなん1002~1069)を開祖とする。約200年で絶えた。日本の栄西はこの系統。黄竜派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android