黄竜宗(読み)オウリュウシュウ

大辞林 第三版の解説

おうりゅうしゅう【黄竜宗】

臨済宗の一派。禅宗五家七宗の一。黄竜山に住した慧南えなん1002~1069)を開祖とする。約200年で絶えた。日本の栄西はこの系統。黄竜派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android