コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色い本

1件 の用語解説(黄色い本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

黄色い本

高野文子による漫画作品。北の田舎で暮らす女子高校生が学校の図書館で借りたマルタン・デュ・ガール「チボー家の人々」の翻訳をゆっくりと読み進めていく様を描いている。『アフタヌーン1999年10月号に掲載。2003年、講談社より全1巻で刊行された。第7回(2003年)手塚治虫文化賞 マンガ大賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄色い本の関連キーワードはれ何処で暮らすも一生I【アイ】田舎で暮らそうよおともだち絶対安全剃刀他人暮らしへび苺の缶詰棒がいっぽん高野文子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄色い本の関連情報