黄色い本

デジタル大辞泉プラス「黄色い本」の解説

黄色い本

高野文子による漫画作品。北の田舎で暮らす女子高校生が学校の図書館で借りたマルタン・デュ・ガール「チボー家の人々」の翻訳をゆっくりと読み進めていく様を描いている。『アフタヌーン』1999年10月号に掲載。2003年、講談社より全1巻で刊行された。第7回(2003年)手塚治虫文化賞 マンガ大賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android