黄色組合(読み)オウショククミアイ

精選版 日本国語大辞典「黄色組合」の解説

おうしょく‐くみあい ワウショクくみあひ【黄色組合】

〘名〙 (Yellow Union の訳語) 急進的、戦闘的な赤色労働組合に対して、穏健、協調的な労働組合の俗称。こうしょくくみあい。

こうしょく‐くみあい クヮウショクくみあひ【黄色組合】

〘名〙 =おうしょくくみあい(黄色組合)〔新しき用語の泉(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黄色組合の言及

【御用組合】より

…使用者によって組合の運営や人事が支配されたり,組合幹部が買収されたりした結果,使用者に対する自主性を失った労働組合のこと。黄色組合とほぼ同義(黄色組合については〈赤色労働組合〉の項参照)。日本の労働組合法2条は,御用組合を労働組合の定義から除外し,また同法7条3項は,使用者が労働組合を御用組合化しようとする行為を不当労働行為として禁止している。…

※「黄色組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android