コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤色労働組合 せきしょくろうどうくみあい

世界大百科事典 第2版の解説

せきしょくろうどうくみあい【赤色労働組合】

革命的政党やその所属指導者が政党と労働組合の区別を無視して,組合組織の方針に政党的方針をかかげて運動をすすめる場合,こうした組合を赤色労働組合と呼び,またそうした組合指導のあり方を肯定するセクト主義的な労働組合思想を〈赤色労働組合主義〉と呼ぶ。コミンテルン支持を綱領にかかげた1920年代におけるプロフィンテルン(赤色労働組合インターナショナル)系組合には赤色労働組合への傾斜が強く存在し,とりわけそれが1928年から30年代初期にかけて改良主義組合内の左翼反対派に組合脱退を呼びかけた背後には,明らかに赤色労働組合主義の思想が働いていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

赤色労働組合の関連キーワード日本労働組合全国協議会日本労働組合評議会フランス労働総同盟国際労働組合連盟朝鮮独立運動生産管理闘争渡辺政之輔労働運動赤色組合黄色組合パドモア御用組合

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android