赤色労働組合(読み)せきしょくろうどうくみあい

世界大百科事典 第2版の解説

せきしょくろうどうくみあい【赤色労働組合】

革命的政党やその所属指導者が政党と労働組合の区別を無視して,組合組織の方針に政党的方針をかかげて運動をすすめる場合,こうした組合を赤色労働組合と呼び,またそうした組合指導のあり方を肯定するセクト主義的な労働組合思想を〈赤色労働組合主義〉と呼ぶ。コミンテルン支持を綱領にかかげた1920年代におけるプロフィンテルン(赤色労働組合インターナショナル)系組合には赤色労働組合への傾斜が強く存在し,とりわけそれが1928年から30年代初期にかけて改良主義組合内の左翼反対派に組合脱退を呼びかけた背後には,明らかに赤色労働組合主義の思想が働いていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せきしょく‐ろうどうくみあい ‥ラウドウくみあひ【赤色労働組合】

〘名〙 革命的な労働組合の称。特に、プロフィンテルン(赤色労働組合インターナショナル)に加盟し、またはその影響下にあった労働組合をさしていう。赤色組合

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android