黄花秋桐(読み)キバナアキギリ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄花秋桐 (キバナアキギリ)

学名:Salvia nipponica
植物。シソ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きばな‐あきぎり【黄花秋桐】

〘名〙 シソ科の多年草。本州、四国、九州の林中に生える。アキギリに似ているが、全体がやや小形で、花が黄色、花筒内面の毛が基部だけに環状に生える。葉の切れ込みの鋭いものをコトジソウという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android