黄葉夕陽邨舎詩(読み)こうようせきようそんしゃし

精選版 日本国語大辞典の解説

こうようせきようそんしゃし クヮウエフセキヤウソンシャシ【黄葉夕陽邨舎詩】

江戸後期の漢詩文集。正編八巻付録二巻五冊、後編八巻四冊、遺稿詩集七巻付録一巻文集四巻四冊。菅茶山(かんちゃざん)著。正編は文化九年(一八一二)刊。後編は文政六年(一八二三)刊。遺稿・付録は天保三年(一八三二)刊。黄葉夕陽邨舎は茶山の家塾の名。遺構はそのまま広島県深安郡神辺町にある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報