コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶山 チャヤマ

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐やま【茶山】

茶の木を植えてある山。
山に茶を摘みに行くこと。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃやま【茶山】

茶の木を植えてある山。
山に茶を摘みに行くこと。茶摘み。 [季] 春。 《 しがらきや-しに行く夫婦づれ /正秀 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茶山の関連キーワード広島県福山市神辺町新湯野広島県福山市神辺町川北菅茶山(かんちゃざん)廉塾ならびに菅茶山旧宅蠣崎波響・蛎崎波響樋口富蔵(初代)高知県高知市鴨部尾戸焼・能茶山焼黄葉夕陽村舎詩富士川 英郎丁若【よう】武元登登庵悃款・懇款管茶山旧宅河崎敬軒小野泉蔵門田樸斎牧野黙庵北条霞亭亀山士綱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶山の関連情報