コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒売刀自 くろめとじ

朝日日本歴史人物事典の解説

黒売刀自

生年:生没年不詳
7世紀ごろの群馬県所在山ノ上古墳の被葬者。首長層の刀自。息子の放光寺僧長利が,上野三碑のひとつ,山ノ上碑を建立。碑には,「佐野の三家の子孫黒売刀自が新川臣の子孫大児臣を娶って生んだ僧長利が,母のために記した文である」と刻まれており,古墳被葬者が確実にわかる珍しい例である。佐野三家は有力首長であり,刀自とはトネとペアで地域社会を統括する役割を持つ地域の指導的女性だった。古代婚姻形態や系譜など解明の糸口を提供する女性である。<参考文献>服藤早苗「古代の母と子」(『日本の古代』12巻)

(服藤早苗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android