コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒子島 くろこじま

1件 の用語解説(黒子島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

黒子島

長崎県平戸市、平戸瀬戸に浮かぶ無人島。島はタブノキ、ハマビワなどの常緑樹林に覆われ、全体が国の天然記念物に指定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の黒子島の言及

【平戸[市]】より

…南西部の阿値賀(あじか)島(天)は上下2島からなり,南方系島嶼(とうしよ)植物群の北限で,壮大な柱状節理の断崖もみられる。平戸瀬戸北部の黒子島は全島が照葉樹の原始林(天)におおわれる。すぐれた自然景観とキリシタン遺跡により市の一部は西海国立公園に指定されている。…

※「黒子島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone