コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常緑樹林 じょうりょくじゅりんevergreen forest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常緑樹林
じょうりょくじゅりん
evergreen forest

常緑樹から成る森林の総称。広葉樹林と針葉樹林があり,それぞれに高木林と低木林がある。熱帯雨林照葉樹林硬葉樹林,常緑針葉樹林がおもなもの。南方地域の常緑葉は冬も光合成を行い,1年間の有機物の総生産量が大きい。北方地域や亜高山帯の常緑針葉は寿命が3年から 10年以上に及び,夏に生産した有機物を冬期間貯蔵する役割をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

常緑樹林の関連キーワードノエルケラマツツジ(慶良間躑躅)サンゴジュ(珊瑚樹)ハルザキヤツシロランマナス野生生物保護区クロアカコウモリコウライウグイスシロシャクジョウエナガ(柄長)キリシマエビネトキワマンサクメジロ(目白)北九州国定公園ペグー[山脈]ムラサキシジミムカゴサイシンコショウノキヤクシマランカンムリワシヒメハルゼミ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android