コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平戸瀬戸 ひらどせと

2件 の用語解説(平戸瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平戸瀬戸
ひらどせと

長崎県北西部,平戸島と九州島との間の海峡。古くから西海地域と近畿を結ぶ重要な航路にあたり,沿岸には風待ち潮待ちで栄えた港が多い。平戸島北東部の田助港はその好例。江戸時代後期にはこの瀬戸で捕鯨が行われたこともあるが,現在ではトビウオ漁が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕平戸瀬戸(ひらどせと)


長崎県北松浦(きたまつうら)半島と平戸島の間の狭い海峡。最狭部の幅は約500mだが、九州北西岸の重要な航路。北口中央に広瀬(ひろせ)、南口の平戸大橋寄りに大田助瀬(おおだすけせ)などの岩礁があり、最大潮流は6ノットに達する。1日平均500隻が航行し、海難事故が多いことでも知られる。平戸大橋は1977年(昭和52)完成。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平戸瀬戸の関連キーワード北松浦半島松浦生月〈町〉長崎県北松浦郡佐々町沖田免長崎県北松浦郡長崎県北松浦郡佐々町小浦免小佐々〈町〉田平〈町〉長崎県北松浦郡佐々町松瀬免長崎県南松浦郡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平戸瀬戸の関連情報