コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒柳維駒 くろやなぎ これこま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒柳維駒 くろやなぎ-これこま

?-? 江戸時代中期-後期の俳人。
黒柳召波(しょうは)の子。京都の人。与謝蕪村(よさ-ぶそん)にまなぶ。安永6年父の七回忌に「春泥句集」を出版した。享和3年(1803)に父の三十三回忌法要をいとなんだという。通称は清兵衛。別号に玄亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒柳維駒の関連キーワード黒柳召波維駒俳人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android