コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒点相対数 コクテンソウタイスウ

デジタル大辞泉の解説

こくてん‐そうたいすう〔‐サウタイスウ〕【黒点相対数】

太陽の光球面に出現する黒点および黒点群の総量を数値化したもの。18世紀半ば、スイスの天文学者ルドルフ=ウォルフが考案。黒点数をf、黒点群数をg、観測地点や計測方法による補正係数をkとすると、相対黒点数Rは、R=k(10g+f)で表される。Rは約11年周期で増減することが知られる。ウォルフ黒点相対数。相対黒点数。ウォルフ数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒点相対数の言及

【黒点】より

…現在の測定ではこのくぼみは500~1000km程度とされている。
[黒点周期と黒点相対数]
 H.シュバーベは,その43年間にわたる観測から,黒点出現頻度がほぼ10年の周期で変動することを示した(1843)。この発見を受けてR.ウォルフはガリレイ,シャイナーの古い観測まで含めて,くわしい解析を行い,黒点周期としては11年のほうが近いことを明らかにした。…

※「黒点相対数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒点相対数の関連キーワードウォルフ(Johann Rudolf Wolf)ウォルフの太陽黒点数マウンダー極小期シュワーベ周期ヘールの法則太陽周期ウォルフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android