コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光球 こうきゅう photosphere

翻訳|photosphere

6件 の用語解説(光球の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光球
こうきゅう
photosphere

普通に輝いて見えている太陽の表面のこと。紅炎コロナを別にした太陽の実体にあたる。太陽放射エネルギーの源泉で中央が最も明るく,周縁部は放射方向が斜めになるため暗くなる。表面に黒点白斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐きゅう〔クワウキウ〕【光球】

太陽や恒星の表面近くの層で、光を発する部分。太陽では白色円板状に見え、厚さ約400キロ。光球層。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

光球【こうきゅう】

光球層とも。太陽や恒星の表面近くにあって,これらの大部分の光を出している層。太陽の場合,肉眼や写真で観察される太陽表面がこれにあたり,厚さ約400km。これより外の彩層コロナの光は非常に弱く,またこれより奥からの光は途中で吸収されるので,太陽が放射する光の大部分は光球から出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうきゅう【光球 photosphere】

太陽や恒星の表面近くの層をいい,光球層ともいう。もう少し厳密な定義は,太陽や恒星の大部分の光を発している層ということができる。恒星は太陽も含めて高温のガス体であって光球層より深い層も光を発しているが,光球による吸収のため表面に出てこない。また光球層より浅いところにもガスがあって光を発しているが,希薄なためにその光は光球から発せられる光に比べて格段に小さい。太陽では温度6000Kの光球の発する光は主として可視光線からなり,光球とは肉眼で見える太陽の表面層であるといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうきゅう【光球】

太陽の光って見える球殻状の部分。厚さは僅か約400キロメートルで高温のガス体から成る。他の恒星の同様の部分もいう。光球層。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光球
こうきゅう
photosphere

太陽や恒星の表面を覆う大気層であり、これらの星々が宇宙空間に放射している光のエネルギーの大部分の量が、ここから直接放出されている。放射エネルギーの吸収・放射に関与している原子は、おもに負水素(中性な水素に電子1個が加わり負の電荷を帯びたイオン)である。この厚みは、超巨星を除いて、星の大きさに比べて小さい。太陽では約400キロメートルで太陽半径の約0.06%にすぎない。光球の温度が高いと紫外線をおもに放射し、低温の場合は赤外線を放射する。恒星には青白いものや赤みがかったものが見られるが、これは光球の温度の違いによる。[日江井榮二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の光球の言及

【太陽】より

…対流層は太陽表面近くまで広がるが,最後の,深さ数百kmより上層の大気ではエネルギーは再び放射の形で流出する。
[光球]
 太陽はガス体であるのではっきりした表面をもっているわけではない。可視光で見える大気の部分を光球と呼ぶ。…

※「光球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光球の関連キーワード躍層日震学周辺減光恒星風オカルティングディスクギリエルマイトスリップ・マーク恒星の内部構造の理論金属欠乏星光球層

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光球の関連情報