コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田 正夫 クロダ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

黒田 正夫
クロダ マサオ

大正・昭和期の登山家 理化学研究所名誉研究員。



生年
明治30(1897)年7月2日

没年
昭和56(1981)年7月10日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大冶金学科〔大正11年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔昭和13年〕

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔昭和47年〕

経歴
電磁海流計を完成。また、大正から昭和初期にかけて登山家で料理研究家の妻・初子と共に日本アルプスを踏破、いくつかの初登頂記録をつくった。著書に「金属顕微鏡写真」「登山術」「山の素描」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

黒田 正夫 (くろだ まさお)

生年月日:1897年7月2日
大正時代;昭和時代の登山家
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

黒田 正夫の関連キーワード人為突然変異黒田 初子3月16日昭和時代生年月日突然変異黒田初子芥川賞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android