黒田 正夫(読み)クロダ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

黒田 正夫
クロダ マサオ

大正・昭和期の登山家 理化学研究所名誉研究員。



生年
明治30(1897)年7月2日

没年
昭和56(1981)年7月10日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大冶金学科〔大正11年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔昭和13年〕

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔昭和47年〕

経歴
電磁海流計を完成。また、大正から昭和初期にかけて登山家で料理研究家の妻・初子と共に日本アルプスを踏破、いくつかの初登頂記録をつくった。著書に「金属顕微鏡写真」「登山術」「山の素描」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

黒田 正夫 (くろだ まさお)

生年月日:1897年7月2日
大正時代;昭和時代の登山家
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android