コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初子 ウイゴ

デジタル大辞泉の解説

うい‐ご〔うひ‐〕【初子】

夫婦の間に初めて生まれた。はつご。

はつ‐ご【初子】

初めて生まれた子。ういご。

はつ‐ね【初子】

その月の最初の子(ね)の日。特に、正月の最初の子の日。古く、野外に出て小松引きをしたり、若菜を摘んだりして遊び、子の日の遊びと呼んだ。初子の日 新年》
11月の最初の子(ね)の日。商家では大黒天を祭った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ういご【初子】

夫婦の間に初めて生まれた子。はつご。

はつご【初子】

初めて生まれた子。ういご。

はつね【初子】

その月の最初の子の日。
正月最初の子の日。古く、朝廷では宴を催し、また、小松引き、若菜摘みなどの野遊びが行われた。
11月最初の子の日。大黒天の祭りが行われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

初子の関連キーワード望月太左衛門(11世)川瀬 順輔(2代目)柴田 白葉女孫祝い・孫祝柴田白葉女森林永理奈玉箒・玉帚浜松まつり子の日の宴黒田 正夫賀原夏子湯浅治郎湯浅八郎中野初子若菜摘み千秋万歳エアトン菊原琴治過越の祭大田洋子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初子の関連情報