コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初子 ウイゴ

デジタル大辞泉の解説

うい‐ご〔うひ‐〕【初子】

夫婦の間に初めて生まれた。はつご。

はつ‐ご【初子】

初めて生まれた子。ういご。

はつ‐ね【初子】

その月の最初の子(ね)の日。特に、正月の最初の子の日。古く、野外に出て小松引きをしたり、若菜を摘んだりして遊び、子の日の遊びと呼んだ。初子の日 新年》
11月の最初の子(ね)の日。商家では大黒天を祭った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ういご【初子】

夫婦の間に初めて生まれた子。はつご。

はつご【初子】

初めて生まれた子。ういご。

はつね【初子】

その月の最初の子の日。
正月最初の子の日。古く、朝廷では宴を催し、また、小松引き、若菜摘みなどの野遊びが行われた。
11月最初の子の日。大黒天の祭りが行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初子の関連情報