コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼈茸 スッポンタケ

デジタル大辞泉の解説

すっぽん‐たけ【××茸】

スッポンタケ科のキノコ。夏から秋に山野の地上に生える。丸く卵大で、熟すと白い寒天質の殻を破って中空の柄が伸び、高さ10~15センチになる。傘は釣り鐘状で表面に暗緑色粘液があり、悪臭を放つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すっぽんたけ【鼈茸】

担子菌類腹菌目のきのこ。夏から秋にかけ地上に発生。幼菌はヘビの卵状。上端を破って中空の茎が出、高さ約10センチメートルになる。傘は鐘状で網目があり、悪臭のある暗緑色の胞子を含む粘液でおおわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鼈茸の関連キーワードヘビ上端胞子網目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android