コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1ビット通信 イチビットツウシン

デジタル大辞泉の解説

いちビット‐つうしん【1ビット通信】

人工衛星や宇宙探査機などに何らかの異常が生じ、通信が極めて困難な場合に行われる通信手段。機体の状態を把握する単純な問いかけに対し、イエスとノーに相当する回答を電波のオンとオフによって行う。日本初の火星探査機のぞみに、電源系統の不具合が生じた際に考案された。小惑星探査機はやぶさアクシデントに見舞われた時にも、この通信手段によって運用されたことで知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

1ビット通信の関連キーワード小惑星探査機はやぶさ人工衛星

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android