コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

10・15モード燃費 じゅうじゅうごモードねんぴ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

10・15モード燃費
じゅうじゅうごモードねんぴ

自動車の実際の走行状況を仮定して測定した燃料消費率。自動車の燃費については 1979年の省エネルギー法によって,10モード燃費基準が定められた。この 10モード燃費は,日常の車の走行をアイドリング・加速・定速・減速など,10の走行状況を設定して燃費を測定したものである。しかし,交通事情の変化に伴い,10モード燃費が実情にあてはまらなくなってきた。そこで,アイドリング時間の延長や最高時速を 40kmから 70kmに引き上げるなどの変更を加えた 10・15モード燃費を新たに設けた。 10・15モード燃費は,同じ車両で測定した場合,従来の 10モード燃費より 10%ほど高い値になるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

10・15モード燃費の関連キーワードJC08モード自動車

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android