コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

10・15モード燃費 じゅうじゅうごモードねんぴ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

10・15モード燃費
じゅうじゅうごモードねんぴ

自動車の実際の走行状況を仮定して測定した燃料消費率自動車の燃費については 1979年の省エネルギー法によって,10モード燃費基準が定められた。この 10モード燃費は,日常の車の走行をアイドリング・加速・定速・減速など,10の走行状況を設定して燃費を測定したものである。しかし,交通事情の変化に伴い,10モード燃費が実情にあてはまらなくなってきた。そこで,アイドリング時間の延長や最高時速を 40kmから 70kmに引き上げるなどの変更を加えた 10・15モード燃費を新たに設けた。 10・15モード燃費は,同じ車両で測定した場合,従来の 10モード燃費より 10%ほど高い値になるとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

10・15モード燃費の関連情報